豊富な受講メニューは、リトルツリーの特徴の1つです。あなたの目的のコースをお探しください。
 Office・基礎 コースと、 クリエイティブ コースは、それぞれ受講料が異なります。

受講料はこちらからご覧ください。

Office・基礎コース

 

パソコン操作基礎

とりあえずパソコンを買ったはいいものの、どう使ったらいいかわからない!という方はたくさんいらっしゃいます。パソコンの基本操作や、メールやインターネットの使い方、またトラブルの対処法などを優しく指導します。パソコンの基本を知っていると、トラブルがあっても慌てることはなくなります。
パソコン基礎

 

Word(ワード)

ワードとは、Microsoftが開発した文書を作成するためのソフトです。社内文書やチラシ作成、また、マニュアルやレポートといった長文作成も得意とします。事務職などでは必須となっている会社も少なくありません。1度は使ったことのある方も多いこのソフトですが、いざ使ってみるとなかなか思うようにいかないという方も多いのではないでしょうか。そのため、何となく苦手…というイメージを持ってしまいがちですが、基礎から学べば使いやすく優秀なソフトだと気づくはずです。初心者の方はもちろん、なんとなく使えている…という方もぜひ受講をおすすめします。

<作成例>
ワード作成例

 

Excel(エクセル)

ワードとセットで扱われることが多いExcelは、Microsoftが開発した表計算ソフトです。データ集計や統計・グラフの作成などを得意とします。上のワードとは違い、「セル」という小さな部屋の集合体になっています。このソフトも事務職では必須であることが多く、基礎的な使い方でOKな職場もあれば、複雑な関数を求められる職場もあります。一見とっつきにくそうなイメージのソフトですが、ルールさえ覚えてしまえば、使い方は決して難しくはありません。初心者の方は、まずは家計簿から始めてみるとおもしろいでしょう。きっとExcelが好きになると思いますよ。

<作成例>

エクセル使用例



 

Power point(パワーポイント)

Microsoftが開発したプレゼンテーションに特化したソフトです。大勢の説明会などで、スクリーンに映してながら司会者が説明している様子を見たことはありませんか?そういった場合はこのパワーポイントが活用されている場合が多いです。
紙芝居のように自動で画像が切り替わったり、文字やイラストなどに効果的なアニメーションを加えることができます。また、プレゼンテーションだけでなく、ワードのように簡単な文書を作成することも可能です。今は小学校高学年で、このパワーポイントを使って学級新聞を作り発表するという学校も少なくないようです。

<作成例>

パワポ使用例



 

MOS資格取得コース

MOSとは、Microsoft Office specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の略称です。Microsoft社が公式に発表している国際資格になります。ワード・エクセル・パワーポイントのスキルをを客観的に証明できるため、就職・転職には大きなアピールポイントになります。こちらリトルツリーでも多くの受講生様が受験し見事合格しています。あなたも挑戦してみませんか?合格までしっかりとサポートいたします。

MOS取得



クリエイティブコース

 

Illustrator(イラストレーター)

DTP(印刷物系)やWEBデザインなど、あらゆるデザイン業界で欠かすことのできないグラフィックソフト、イラストレーター。複雑なイラストを描くことを得意としますがそれだけでなく、チラシやパンフレットなどのレイアウトデザインもこれ一つで仕上げることができます。

リトルツリーでは、まずはテキストに沿って基礎を学び、その後実際にあるチラシやバナーを作成します。ただ使えるようになるのではなく、即戦力として発揮できるスキルを身に付けることができます。
※教室のバージョンはCS6です。

<作成例>

イラストレーター作成例



 

Photoshop(フォトショップ)

Photoshopは画像の微妙な色味や質感の調整を得意とする、イラストレーター同様デザイン業界では欠かせないグラフィックソフトの1つです。既存の画像に複雑な特殊効果や合成などを加えることができ、現実にはない画像をまるで本物の写真ように作成することができます。

リトルツリーではテキストに沿って基礎を学び、終了後は画像修正&合成の課題を作成します。その後イラストレーターと組み合わせた作品を作成します。

※教室のバージョンはCS6です。

<作成例>
肌や光の加減の調整、右の画像のような幻想的なイメージを作成することが可能です。

 



Word Press(ワードプレス)

ワードプレスは、HTMLやCSSなどの難しい知識がなくてもWEBサイトが作成できる無料ツールです。他社の運営するブログサイトではなく、基本的には自分でレンタルサーバーを借りて作成していきます。そのため少し知識や手間は必要になりますが、SEOに強く自由度が圧倒的に高いのが特徴です。世界中で多くのユーザーがおり、今やWEBサイト作成ツールのシェアはトップといっても過言ではありません。
ワードプレスには星の数ほどテーマ(テンプレート)が用意されていますが、リトルツリーでは1つのテーマに絞って、Wordpressの基本的な使い方を学んでいきます。
ちなみにこのサイトもワードプレス作成されています。

ワードプレス画像

 



HTML & CSS 基礎

WEBサイトを作るために必要な基礎知識になります。HTMLは家に例えるなら骨組・CSSは屋根や壁紙のようなイメージです。
今は多くのCMS(WEBサイト作成ツール)があるので、HTMLやCSSの知識はなくてもホームページが作れるようになりました。しかし、この知識を持っているのといないのとでは、仕事では大きく差が出ます。この基礎知識を学ぶことによって、暗号にしか見えなかったソースコードが理解できるようになり、応用力が身に付きます。

HTML&CSS

 



その他CMS

ワードプレス以外にもCMSは数多くあります。リトルツリーでは、Jimdo(ジンドゥー)またはAmeba Ownd(アメーバオウンド)を学ぶことができます。それらはインターネットが繋がってさえいれば、無料で簡単にWEBサイトが作成できるツールです。
ワードプレスと異なるのは、自分でドメインやサーバー契約をしなくてもいいので、難しい知識は不要ですぐにでも始められるということです。そういった手軽さは大きなメリットですが、デメリットもあります。それは運営側のルールや制限に縛られてしまうことが1番に挙げられるでしょう。サービスが終了してしまえば、水の泡という可能性もあるということです。
ただ、手軽に作れ更新できるのは大きな魅力です。予算・時間・知識がないという方は、おすすめのツールです。

CMS

 



AfterEffect(アフターエフェクト)

動画に特殊な効果を付けたり、アニメーションやテロップを挿入できる動画加工ソフトです。テレビ番組やアニメ・実写映画の特殊効果に欠かすことのできない専門性の高いソフトですが、昨今Youtubeなどに自分で編集した動画をアップする方が増えてきたためニーズが増えてきています。リトルツリーでは、このAfterEffectの基礎を学ぶことができます。だた、Adobeのソフトが初心者の方は、illustratorやPhotoshopを学ばれてから受講することをおすすめします。

AfterEffect