大枝活版印刷さんにお邪魔してきました。

こんにちは。枚方のパソコン教室 リトルツリーの林です。

少し前になりますが、「大枝活版印刷」さんにお邪魔してきました。
http://www.oeda-kappan.com/

大枝活版印刷さんは、守口市にある小さな活版印刷所です。
長い間眠っていたドイツ製の活版印刷機を再生し、オリジナルデザインに拘ったものづくりをされています。

活版印刷工の大枝さんと、女性デザイナーの森国さんがあたたかく迎えてくれました。
中に入らせてもらうと、そこはタイムスリップしたかのようなカフェのような空間でした。

いたるところにデザイナーの森国さんのインテリアのセンスが光っています。

そこにいるだけで、ほっこりとした優しい気持ちになります。

活字です。はじめて見るのでちょっと興奮です!
この活字を並べて活版をつくりそれに塗料を塗って印刷します。
DTPが主流になった今では考えられないほど手間がかかる作業ですね。

でもそのおかげで、今の印刷機では出すことのできない独特の風合いを生み出します。

こちらの動画をぜひご覧になって下さい。
大枝活版印刷さんの雰囲気や、活版印刷がどのような工程で行われているのかが分かります。

大阪市中央公会堂のデザインです。

http://www.oeda-kappan.com/archives/1668

想像していた以上に活版印刷は手間がかかり、完成のために多くに人が携わっているのだと知りました。
大切な人に心をこめて送りたくなる。そんなものづくりって素敵だなと、余韻に浸りながら帰りました。

お急がしい中、笑顔で丁寧にお話を聞かせていただきありがとうございました。
また、こんな素敵なところを教えてくれた受講生のNさんにも感謝します♪

とても素敵な、忘れられない時間でした。